米子市の外壁塗装・外構工事

外壁塗装

ホーム > 外壁塗装

外壁塗装について

外壁塗装について

外壁は紫外線や雨風などから建物を守る重要な役割があります。そのため、外壁の劣化を放っておくと雨漏りなどのトラブルを招き、修理費がどんどん高くなっていく可能性があります。
塗装は10年毎に塗り替えるのが一般的ですが、外壁材や塗料、地域の状況などによって適正年数は変化する場合があります。10年というのはあくまで目安ですが、前回の塗装から10年経過していなくても劣化の症状が既に出ている可能性があるので注意が必要です。

こんな症状に注意
  • ひび割れがある
  • シーリング割れがある
  • 外壁の一部が剥がれている
  • 触ると手に粉がつく

このような症状が現れたら、外壁が劣化している証拠です。
原因は紫外線や雨風、気温による影響や経年劣化など様々ありますが、特にひび割れや剥がれは深刻な状況と言えますので、早めに対策を行う必要があります。

ユニベーションでは、外壁をキレイに長く保てる「バイナルサイディング」をお勧めしております。
バイナルサイディングは、塗装では表現できない美観を演出し、且つ耐久性が高く、必要な機能を備えながらコストパフォーマンスにも優れています。
そのため多くのお客様からもご好評をいただいております。

バイナルサイディングについて

バイナルサイディングについて

外壁リフォームには、「塗り替え」「張り替え」「カバー工法」の3種類があり、うちユニベーションが行っているバイナルサイディングは「張り替え」「カバー工法」の2種類が該当します。

バイナルサイディングとは、樹脂製のサイディング材を使用することで、既存の外壁に頑丈なサイディング材を取り付けて高度な耐久性を実現します。
外壁塗装の塗り替え頻度は、およそ10年に1度くらいの頻度で行われますが、サイディング材であれば30年程メンテナンスをしなくても問題ないくらい、耐久性に違いがあります。

特長

バイナルサイディングの最大の特長・・・それは、メンテナンスのコストや手間がかからないこと

サイディング材は顔料を練り込んで作ってあるため、色が剥げたり落ちたりするようなことはありません。また、サイディングを行うのであればコーキングなどを打ち込む必要がなく、耐久性が高いので破損する心配もありません。
本来の外壁塗装であれば、塗装やコーキングなどを行いつつ、定期メンテナンスを行わなければならないため、バイナルサイディングは圧倒的に手間やコストを削減できる工法と言えるのです。

バイナルサイディングには、このようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 塩害に強い
  • 機能性が高い
  • 天候の影響を受けにくい
  • 建物への負担が少ない
デメリット
  • 施工費が高い
  • デザインが限られている

サイディング材は機能性が高く、遮熱性などにも優れているので室内の温度を快適に保つことができます。
しかし、デザインが限られており、施工費は塗装と比べると高くなってしまいます。
ですが、バイナルサイディングは一度行えばメンテナンスフリーで過ごせるため、長い目で見た場合はバイナルサイディングの方がコストパフォーマンスは優れていることになります。

ご依頼いただく際の参考に...ユニベーション施工例をご紹介
お問い合わせはこちら
Information

株式会社 ユニベーション
〒683-0852
鳥取県米子市河崎2754 米子市にある「株式会社 ユニベーション」では外壁塗装や外構工事をメインにリフォームなども請け負っております。徹底した打ち合わせとお客様が納得できるような様々なプランのご提案もしておりますので、一度お気軽にお問い合わせください。

0859-30-2597
OPEN  8:00 - 17:00CLOSE  Sunday
  • instagram
  • ters