米子市の外壁塗装・外構工事

赤外線建物診断

ホーム > 赤外線建物診断

赤外線建物診断について

赤外線建物診断について

赤外線建物診断とは、高感度カメラによる赤外線サーモグラフィーで、建物の温度分布データを分析することです。

目視では分かりづらい外壁の劣化や雨漏りなど、普段見えない部分を確認することができます。
外壁は欠損していると、健在の状態の部分と比べて温度差が出ます。
高温もしくは低温の場合は、劣化している可能性があると判断できます。

赤外線建物診断は、調査を行うために大掛かりな準備や工事を行う必要はないため、住宅の点検やメンテナンスの際にお勧めです。

特長

赤外線建物診断の最大の特長・・・それは、雨漏りの場所が早期特定できること
赤外線建物診断をすると・・・
赤外線建物診断の特長は、「雨漏りを見つけられる」ことです。
住宅の雨漏りはどんなに技術力の高い職人が調査を行っても、100%被害場所を特定できるわけではありません。そのため、雨漏り工事では「ここが原因だと思ったら、違う場所に問題があった」なんてことも考えられます。
それは、何度も何度も施工を行うことになり、調査費と施工費で多額の費用を支払うことになります。
しかし、赤外線サーモグラフィを使用すれば、温度の低い場所が特定でき雨漏りの場所が特定できることです。

赤外線建物診断には、このようなメリットがあります。

メリット
  • 調査のコストダウン
  • 足場が不要なので安全
  • 調査や診断の時間短縮
  • 広範囲の測定が可能

雨漏りの調査を行う際には、足場を組み立てて隅々まで建物を調べることがあり、それだけでも多額の費用がかかってしまいます。
しかし、赤外線サーモグラフィであれば足場を組み立てる必要はありません。また、広範囲の測定を行えば比較的短時間で調査や診断の結果を知ることができます。
調査記録をデータとして保存することも可能なため、雨漏り調査で失敗したくない方にお勧めいたします。

調査の流れ

  • お問い合わせ

    まずはお問い合わせいただき、ご要望をお伝えください。
    現地の状況やご依頼内容などを詳しくお伝えいただけると、スムーズな対応が行えます。

  • 打ち合わせ

    お客様の元へ駆けつけ、打ち合わせを行います。
    その後問題点を把握して、建物撮影の準備を始めます。

  • 建物撮影

    赤外線サーモグラフィーで建物を撮影し、問題がないか隅々まで確認していきます。
    天候条件が悪い場合は日程をご相談させていただくことがありますので、予めご了承ください。

  • 解析診断

    撮影・調査結果を元に、専用のシステムで解析診断を行います。
    解析診断は小さな異常も見落とさないように、時間をかけて丁寧に行っております。

  • レポート

    診断結果を元に、調査報告書となるレポートを作成いたします。
    その後お客様にお引渡しをして、詳細状況をわかりやすくご説明します。

ご依頼いただく際の参考に...ユニベーション施工例をご紹介
お問い合わせはこちら
Information

株式会社 ユニベーション
〒683-0852
鳥取県米子市河崎2754 米子市にある「株式会社 ユニベーション」では外壁塗装や外構工事をメインにリフォームなども請け負っております。徹底した打ち合わせとお客様が納得できるような様々なプランのご提案もしておりますので、一度お気軽にお問い合わせください。

0859-30-2597
OPEN  8:00 - 17:00CLOSE  Sunday
  • instagram
  • ters